うつ病に効果的なスロージューサーの野菜フルーツジュース

うつ病に効果的なスロージューサー製の野菜ジュース、フルーツジュース

うつ病の症状を軽減したり、かかるリスクを減らすには
食事での対策が有効と最近、言われています。

 

野菜飲料摂取による、抗抑うつ、抗不安効果を確認

 

伊藤園と筑波大書くの共同研究で

 

野菜や果物ミックスジュースの継続的な摂取が
抗抑うつ、抗不安に効果的であると研究報告されています。

 

8週間、12週間と野菜、野菜果物ジュースを飲み続けると
飲料する前より症状が改善している様子がわかります。

 

 

 

詳細はこちらのページ

 

 

食材選びが大切、うつ病対策

 

加工食品や肉類、お菓子やジュースなど甘いものを減らして

 

野菜や果物、ナッツや豆、魚を積極的に取るように心がけることです。
伝統的な日本食が適しているとも言われます。

 

毎日の食べ物によって
人のからだと心は作られています。

 

心が病んでいると
日々の食べ物に気が回らず、
悪化の一途をたどることになります。

 

 

薬での治療は対症療法で症状を抑えるだけ

 

副作用も心配ですし
根本的にうつ病の回復には至りません。

 

仕事が多忙で、心が疲れきっている時も
意識して野菜類を多く食べるようにすると疲れが癒されていきます。

 

 

セロトニンを増やすには

 

脳内のセロトニンを増加させることが
うつ病軽減につながると現代医学は結論づけています。

 

セロトニンは
アミノ酸のトリプトファンとビタミンB群、オメガ3脂肪酸などにより
体内で作られると言われています。

 

それらを含む食材を
毎日、積極的に取ればよいというわけです。

 

 

スロージューサーで野菜たっぷり、うつ病対策

 

栄養豊富なにんじんに加えて

 

トリプトファンが含まれている大豆は豆乳を使い

 

ビタミンB2が多い、パセリや芽キャベツ、
ブロッコリー、ほうれん草などの野菜、

 

アボカド、オレンジ、マンゴーなどの果物をジュースにします。

 

 

かぼちゃにはビタミンB6がたっぷり。
ジュースにすると癖もなくかなり甘くなります。

 

 

 

アーモンドやカシューナッツ、落花生にも豊富に含まれています。

 

 

食事をする気になれないうつ病の方に
野菜を山盛り用意して食べなさい、といっても無理です。

 

ぎゅっと栄養が詰まった一杯の特製ジュースならば
摂取しやすいのではないでしょうか。

 

 

市販のジュースと比較すると
スロージューサー製のジュースは格段に栄養的に優れています。

 

素材の生きた酵素をたくさん含んでいるので飲み続けると
消化器官の働きが活発化し、うつ状態の回復へとつながります。

 

 

口当たりのよい、飲みやすい食材を中心に
ジュースを作ってあげると飲んでもらえることでしょう。

 

手作りの、心を元気にする特製ジュースは
作った人の思いやりの気持ちが含まれていますから
ジュースのパワーが違います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次