スロージューサーで、なめらかラズベリーシャーベット

スロージューサーで、なめらかラズベリーシャーベット

●ラズベリーの栄養とからだへの働き
●ラズベリーシャーベットの作り方

 

庭にラズベリーをたくさん植えています。
濃い赤い色のラズベリーは初夏にぴったりの華やかさがあります。

 

 

そのままたべると甘酸っぱいラズベリー、
香りも魅力的なフルーツです。
ジャムやジュース、スムージー、シャーベットと大活躍すること間違いなし。

 

ラズベリーの栄養とからだへの働き

 

ラズベリーはフランス語ではフランボワーズ、日本では木苺とも呼ばれます。
ビタミンCやEなどを含み、カリウムやマグネシウム、鉄分や微量元素のマンガン、
ポリフェノールも豊富な、超スーパーフルーツなのです。

 

◆ラズベリーの脂肪燃焼効果はカプサイシンより優れている

 

ラズベリーケトンと呼ばれるラズベリーの香りには
脂肪分解酵素が多く含まれているんです\(*^▽^*)/

 

唐辛子の成分であるカプサイシンも脂肪を分解しますが
ダイエットのためと、たくさん食べすぎると
胃腸やのどの粘膜を傷つけることもあるから要注意なんですけれど

 

ラズベリーはカプサイシンの脂肪燃焼効果より3倍ほど高く、
しかも美味しく食べられますから超注目ですよ。

 

◆ラズベリーは栄養の宝庫
ポリフェノール、ビタミンE、カリウム、マンガン

 

優れた抗酸化作用のラズベリーは
肌を美しく保つエラグ酸を含み、からだの細胞を活性化して
老化を予防します。
目の健康に欠かせないアントシアニンも含まれているんですよ。

 

微量元素のマンガンは骨や皮膚のつくる働きがあります。

 

◆ラズベリーに含まれている水溶性食物繊維の働き

 

お腹の中をキレイにする
水溶性食物繊維のペクチンがラズベリーにはたっぷり。

 

 

   ◆

 

愛すべき女性のミカタ、ラズベリー
美味しく食べて健康に一役買ってもらいましょう。

 

ラズベリーシャーベットの作り方
気温がぐんぐん上昇すると
冷たいスイーツに手が伸びますよね!

 

市販のアイスクリームやシャーベットは
カロリーが高いし添加物も心配。

 

スロージューサーでとびっきり美味しい
フローズンデザートが簡単に作れるんです。

 

ジュース素材を丸ごとガンガン搾れる
愛用の2017年新型クビンスホールスロージューサー
を使って作りました。

 


◆ラズベリーシャーベットの材料(2人分)

 

● 冷凍ラズベリー 150グラム
● ヨーグルトキューブ大きめ3こ(大さじ3)
● メープルシロップ大さじ1〜2

 

ラズベリーシャーベットのカロリーは今回の材料でひとり分を計算すると
ラズベリー30kcal、ヨーグルト60kcal、メープルシロップ54kcal(大さじ1)

合計で144kcal

変なもの入っていない、脂肪燃焼効果と高栄養をお忘れなく(笑)

 

 

凍らせておいたフルーツやヨーグルトなどを
低速でつぶして作るから
生のフルーツの香りみたいにフレッシュです。

 

 

ラズベリーを凍らせてストックそれに
ヨーグルトを加えてラズベリーシャーベットを作りました。

 

ラズベリーは香りがうっとりなのですが
冷凍にすると甘さよりも酸味が目立ちます。
ヨーグルトにも酸味がありますから、やっぱり甘みがほしいですね。

 

酸味が際立つフルーツをフローズンデザートにするときは
はちみつか、メープルシロップを加えることにしています。

 

砂糖よりもカロリーが低いし栄養もバッチリ。

 

 

メープルシロップの香りとラズベリーは相性がよいのでおすすめです。

 

できあがったシャーベットにメープルシロップを加えて
作った容器の中で混ぜます。

 

あるいはシャーベットを器に入れて
上からメープルシロップをかけて食べるのもありです。
好みに応じて甘さの調整ができますから。

 

無添加でプロ並みの美味しいフローズンデザートが
低速ジューサーであっという間にできるのですから便利です。

 

モーターがパワフルだから
ジュースもフローズンデザートも手間がかからずすぐに作れる
クビンスホールスロージューサーが便利です。

 

10年間の無償修理保証付きはキレイSHOPだけの特典です。

 

      ↓

 



 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次