クビンス最新モデルと旧型、にんじんジュースを作ってみた

クビンス最新モデルと旧型、にんじんジュースを作ってみた

クビンスホールスロージューサー 2017年最新モデルと旧型で
定番のにんじんジュースを作って比較してみました。

 

 

外観からは新型と旧型、
それほど大きな違いはわかりません。

 

けれど部品の比較をしたときに
ジュースを搾るスクリューの形が変わっていたので
ひょっとして味も変化しているのでは、と予想していました。

 

 

同じ重量の材料を用意します。

 

 

ジュースを搾り始めて最初に気づいたのは
新型は搾る音が低く小さくなっているという点です。

 

新型は容器の色が明るい透明色なので
ジュースの素材がよく見えます。
次に材料を入れるタイミングが上からのぞかなくても
わかりやすいから楽です。

 

 

最新モデルは材料を搾る時とてもスムーズです。
太くて硬く長い人参が、押し込み棒を使わなくてもどんどん中に吸い込まれていきます。

 

搾り終わったジュースです。

 

 

左が最新型で右が旧型、わずかながら新型が多い量です。

 

そしてジュースの色は最新型のほうが断然赤味が濃いです。

 

 

コップに入れてみると、やはり最新モデルのほうが濃い。

 

 

味を比較してみると
旧型はすっきりしている印象。
最新モデルは
まろやかでとろみがあって味が濃いです。

 

ぜんぜん違うと思いました。
試しに家人にも飲んでもらうと
やはり最新モデルのほうが濃くて甘いといいます。

 

出来上がったジュースには
搾りかすの混入がなくなりました。

 

思った以上に進化している
クビンスホールスロージューサー。

 

今まで旧型で満足していたのですが
味が濃くて美味しくなっているということは
当然栄養価も違うはずです。

 

搾りかすを手で触って湿り具合を比較すると
最新モデルのほうが湿り気が少なくカラッとしています。
よく搾れているからなのですね。

 

新型モデルを買って正解でした!
1日1杯、毎朝朝食代わりに飲む
クビンス製のコールドプレスジュース。
飲む量が同じでも濃いジュースはうれしい。

 

舌触りがなめらかで、とろっと甘いにんじんジュース
ほかの素材が
どんなふうなジュースの味に変化するのか楽しみです。

 

>>クビンスホールスロージューサーの最新モデルは後片付けが簡単

 

 

 

10年無償修理保証付き
クビンスホールスロージューサー キレイSHOPのホームページはこちら
      

 




低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次