年末年始、胃の不調を回復する大根ジュース

年末年始、胃の不調を回復する大根ジュース

疲れた胃腸を回復させる
低速ジューサーでつくる大根ジュースについての話題です。

 

12月の忘年会に始まり、年末年始、1月の新年会と
飲酒やごちそうを食べることがひんぱんにあります。

 

お正月には紅白なますをいただきますね。
ごちそうたっぷりのおせちに
消化のよいなますが用意されている、
日本古来からの素晴らしい知恵ですね。

 

 

羽目を外して、飲み過ぎたり食べ過ぎて
体調不良になったら、なますがなくても大丈夫です。

 

 

大根ジュースを低速ジューサーで作り、
ぐいっと飲みます。

 

大根おろしの酵素は100種類以上

 

大根おろしには100種類以上、
実にたくさんの酵素が含まれています。

 

・でんぷんを分解するアミラーゼ

 

・脂質を分解するリパーゼ

 

・たんぱく質を分解するプロテアーゼやセテラーゼ

 

・発がん物質を分解する酵素、オキシダーゼなど

 

食べ過ぎ、飲み過ぎた時に有効な酵素がたっぷり入っています。

 

 

大根おろしの酵素を
フードプロセッサーや高速ジューサーで
ガーッとやってしまうと、

 

熱に弱い大根おろしの酵素は破壊され、
栄養素も低下してもったいないです。

 

低速ジューサーで
大根おろしジュースを作れば

 

ジュースはそのままぐいっと飲み、
搾りかすは大根おろしで食べられますから一石二鳥です。

 

大根ジュースの作り方

 

 

 

 

大根の搾りかすに大根ジュースを少し混ぜて
レモンやかぼす、米酢を入れて食べると最高に美味しいです。

 

いくらでも食べられます。

 

ビタミンCもたっぷり、
食べ過ぎ飲み過ぎを撃退するだけでなく
風邪も寄せ付けません。

 

ぜひ家族揃ってお試しください。

 

 

>>切る手間いらずのクビンスホールスロージューサーはこちら

 

 

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次