にんじんは土付き購入、皮をむかずにジュース作り

人参は皮つきでジュース作りしましょう

低速ジューサーでジュース作りといえば
真っ先に出てくる、にんじんジュース。

 

 

にんじんが他の野菜やくだものと比較して
栄養的に優れ、健康効果が評価されているからです。

 

にんじんはセリ科の野菜で、
アフガニスタンに起源を発すると言われています。

 

セリ科といえばパセリやセロリが思い浮かびます。
ともに高栄養の野菜なのですね。

 

 

人参の栄養価は種類、栽培方法によって違ってくる

 

人参の成分は品種や栽培方法によって
栄養が大きく違ってきます。

 

ベータリッチというオレンジ色の濃い品種は
βカロテンが通常市販されている人参よりも
2割ほど多い品種です。
癖がなく甘くて食べやすいと人気です。

 

 

しっかり土づくりを行い
有機栽培、無農薬で手間暇かけて育てられた人参は
栄養的に優れています。

 

テレビ番組、ガイアの夜明けで取り上げられた
北海道北見市の原谷農園のにんじんは
一般市販のにんじんと比較すると抗酸化成分が
2倍以上多く含まれているという内容でした。

 

土づくりを徹底して乳酸菌、有機栽培で
血の滲むような手間ひま、
工夫と愛情をかけて育てている様子に
胸が一杯になりました。

 

ほんもの、ピュアなにんじんで
ジュースを作って飲みたい!
と多くの方が思うのではないでしょうか。

 

すらりと見栄えの良いにんじんよりも
ギュッと詰まった成分、中身で勝負です。

 

にんじんの栄養と言えば、やはりβカロテン。
9100μgと野菜の中でトップです。

 

βカロテンについてはこちらで詳しく書いていますので
参考にして下さい。

 

にんじんの不溶性食物繊維が腸を元気にする

 

にんじんに含まれている食物繊維は
水溶性食物繊維が多い特徴があります。

 

食物繊維には
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2タイプがあり、

 

水溶性食物繊維は腸で善玉菌を増やしたり活発にします。
また、便に含まれる水分を調整して
排便しやすい状態にする働きもあります。
便秘解消や下痢を改善する効果が期待できます。

 

土付き人参を手に入れ皮はむかずにジュースに

 

にんじんジュースをつくる時は
皮をむかずに利用します。
皮の部分に栄養が沢山集中しているので
たわしで土を洗い落としてジュースにします。

 

にんじんを買う時は土付き人参がベストです。
機械洗浄されてきれいにパックされている人参は
長持ちしませんし、皮がついていません。

 

とても薄い人参の皮は
土と一緒に洗浄されて失われているんですね。

 

でも、にんじんの表面は硬いではないか、と思うことでしょう。
それは表面が乾燥して固くなってしまったからなのです。

 

というわけで栄養を重視するならば
人参を購入する時は土付きです。

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次