大根の葉は栄養の宝庫、低速ジューサーでジュースに

栄養の宝庫、大根の葉は低速ジューサーでジュースに

無農薬有機栽培で
葉つきの大根を発見したらすぐに買うべし、です。

 

 

大根の葉は栄養豊富な緑黄色野菜です。

 

 

大根の葉の栄養を小松菜と比較してみました。
(100グラムあたり、五訂日本食品標準成分表より )

 

 

大根の葉

小松菜

エネルギー

25kcal

14kcal

βカロテン

3900μg

3100μg

ビタミンE

3.8mg

0.9m

ビタミンK

270μg

210μg

ビタミンB1

0.09mg

0.09mg

ビタミンB2

0.16mg

0.13mg

ナイアシン

0.5mg

1.0mg

ビタミンB6

0.18mg

0.12mg

葉酸

140μg

130μg

パントテン酸 

0.26mg

39mg

ビタミンC

53mg

39mg

ナトリウム 

48mg

15mg

カリウム 

400mg

500mg

カルシウム 

260mg

170mg

マグネシウム 

22mg

12mg

リン

52mg

45mg

       3.1mg

2.8mg

 

小松菜は緑黄色野菜の王様などと言われますが

 

βカロテンやビタミンC、ビタミンE、カルシウム、マグネシウムは
断然、大根の葉が多いです。

 

特に体内でビタミンAに変わるβカロテンの多さはすごいです。
大根の葉をジュースにして飲むと小松菜よりすっと辛い。

 

甘みの強いりんごやみかんを多めにブレンドして飲むのがおすすめです。

 

ちなみに人参の100cあたりのβカロテンは9100μgで飛び抜けています(笑)

 

 

大根の葉を加熱すると栄養は

 

我が家の菜園では大根をたくさん作っています。
収穫した大根は冷暗所に保存して料理に、冬用の玄米漬けにと大活躍します。

 

大根の葉はずっと保存できないので
軽く湯がいて量を少なくして冷凍庫に保存しています。

 

大根の葉を炒めてご飯にまぜたり、味噌汁の具にと春まで楽しめます。

 

大根の葉を加熱しても栄養成分は大きく違いません。
カリウム、ビタミンC、葉酸は減りますが

 

逆にβカロテンやビタミンKは加熱したほうが増えます。
ただし葉を干して、切り干し大根にするとβカロテンはなくなってしまいます。

 

 

 

(カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄は大幅にアップします)

 

 

 

栄養豊富な大根の葉は捨てないでぜひ利用しましょう。

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次