低速ジューサー比較サイト〜あなたにぴったりなのは〜

ヒューロムスロージューサーとクビンスホールスロージューサーの違いは

低速ジューサーでは高い評価を受けている
ヒューロムスロージューサーH2Hと

 

 

ジュース材料を切る手間がかからないと人気急上昇の
クビンスホールスロージューサーを比較します。

 

             

 

 

材料を切る手間がかからないのは

丸ごと人参を投入して搾れる
クビンスホールスロージューサーは

 

短時間でたくさんのジュースが作れます。

 

 

繊維質が多く絡まりやすい小松菜も切らずにそのまま、
パイナップルは芯を取らずに
4分の1にカットするだけでジュースが作れます。

 

 

         

 

 

クビンスとヒューロム、馬力を比較すると

 

ヒューロムスロージューサーH2Hは 150W
クビンスホールスロージューサーは 240W

 

 

クビンスホールスロージューサーはパワフルに
ジューサー内部で材料が詰まりにくく速やかに処理を行います。

 

 

 

>>10年無償修理保証付き、クビンスホールスロージューサー

 

 

 

ゆっくりじっくり搾るのは

 

クビンスホールスロージューサーの1分間の回転数は60回転

 

ヒューロムスロージューサーH2Hは
43から48回転でジュース材料を搾ります。

 

 

 

ジュースの材料をゆっくり搾るメリットは

 

モーターによる摩擦熱が抑えられて
材料にダメージを与えにくくなり、酵素がより活発な状態で残りやすいです。

 

             

 

 

ジュースをより多く搾れるのは

ヒューロムスロージューサーH2Hの販売サイト、ピカイチ野菜くんで
低速ジューサー各種で比較テストをしています。

 

 

500グラムのにんじんを実際にジュースに搾ってみると

 

ヒューロムスロージューサーH2Hは238グラム
クビンスホールスロージューサーは219グラムのジュースができました。

 

 

出来上がったジュースの中の繊維の量は、8グラムとかなり少なく、
ジュースのなめらかな食感につながっています。

 

 

 

 

ヒューロムとクビンス、あなたはどちらを選びますか

 

 

ジュース作りはひんぱんに行いますから
用途に合わせて製品を選択することが重要です。

 

忙しく働く日が多いなら
手軽に短時間でジュースを搾れるクビンスホールスロージューサー

 

 

じっくり搾って、より美味しいジュースづくりを楽しみたい方は
ヒューロムスロージューサーH2Hがおすすめです。

 

 

低速ジューサーは今までのタイプのジューサーと比較すると
搾った後の後片付けが簡単と評判が高いです。

 

 

 

栄養豊富なコールドプレスジュース作り、
健康維持のためにずっと使いつづけたいですね。

 

 

 

ヒューロムとクビンスホールスロージューサーの違いは関連ページ

ヒューロムとクビンスを比較
ヒューロムとクビンス、ジュースを搾るスクリューを比較する

低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次