癌対策に低速ジューサー、おすすめの機種は

癌対策に低速ジューサー、おすすめの機種は

癌にかかる方は、ここ40年のあいだに
乳癌は9倍、大腸癌と肺癌は7倍、肝臓癌5倍、胃癌1.7倍と
信じられないほど急激に増え続けています。

 

癌の克服対策に人参ジュース、
低速ジューサーを使ってジュース作りをする方が急増しています。

 

というのも現代医学の癌治療は
対症療法です。
対症療法は表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする治療法。姑息的療法とも呼ばれる。(Wikipediaより)
病気になる原因を根本から治療しません。痛みがあればその症状を一時的に抑え、熱が上がれば下げる処置を取ります。

がん細胞を手術で取り去ったり、抗癌剤を飲んだりしても不安は消えません。

 

手術などで一時的に癌細胞の増殖が衰えても
がんが増える原因を断ち切っていないので、また再発します。
苦しい治療に耐えて懸命に頑張っても命を落としてしまう方が多い現実があります。

 

日々、体内に取り込む食材で
癌を消滅させて癌になりにくい体質改善をはかることが最上の癌対策、がん治療です。
(食事の改善だけでなく運動や前向きの生き方思考なども必要です)

 

人参ジュースは副作用もなく自分で家庭で、すぐに実行できます。

 

ガン克服のためのジュース作り

ゲルソン療法を始めとして、星野式ゲルソン療法、石原式メソッドなど、
にんじんジュースを飲んで癌を克服する方法はいくつかありますが

 

基本は1日に2リットルほど数回に分けて、にんじんジュースを飲むことです。

 

 

癌体質を変えるために飲む手作りの人参ジュース、
ジュースの品質が高くなくては意味がありません。

 

有機栽培などのよい材料選びと
栄養を出来る限り破壊しないジューサーを選ぶことが大切です。

 

 

低速ジューサー、スロージューサーで栄養丸ごとジュースに

市販されているジューサーは
通常タイプの高速ジューサーと低速スロージューサーです。

 

低速ジューサーは1分間に43〜80回転の低速で
石臼挽きのように素材をすりつぶしてジュースを搾ります。

 

そのため、ジュース材料の生きた酵素や栄養素が高速ジューサーのように
モーター熱で破壊されずに素材の味が生きた雑味のない、
栄養満点のジュースができあがります。

 

癌対策を目的にするならば低速スロージューサーです。

 

癌克服のためのジューサー選びのポイントは

 

2リットルのにんじんジュースは
中くらいの人参ならば10本ほど、1日に3回から5回、ジュースをつくるとなれば
次の点が特に重要です。

 

★ジューサーが丈夫、故障せず壊れにくい

 

★材料からたくさん搾れる高品質のジュース

 

★後始末が簡単で、使い勝手が良い

 

上の条件に合う低速ジューサーはエンジェルジューサーです。

 

同じ材料ならばたくさんジュースができるほうが経済的、
エンジェルジューサーの搾汁率は70%と低速ジューサーの中ではトップクラス。

 

3段階に分けてジュース材料を搾るしくみで
今までの低速ジューサーではできなかった
繊維の奥にある栄養も逃さずにしっかり搾ります。

 

シンプルな作りの横型ジューサーで後片付けが楽です。

 

ジューサーの材質は抗菌ステンレスを使い、
プラスティック部分がなく有害物質発生の心配がありません。

 

使い終わったら食洗機に入れて洗えます。
こだわりのハンドメイド、エンジェルジューサー、
生産台数が限られ、高価格であるのが難点です。

 

 

癌を克服するためのおすすめジューサー、エンジェルジューサーの詳細はこちら
    ↓

 

 

 

エンジェルジューサーは価格面で難しいとお考えならば
モーターにパワーがあり
簡単に人参ジュースが手作りできる
クビンスホールスロージューサーがおすすめです。

 

1日に何度もジュースを作るとなれば
細かく切り刻む必要がなく
手間がかからないジュース作りも大きなチェックポイントです。

 



 

 

 

大容量のジュースを作る場合はプロ仕様の製品があります。

 



癌対策に低速ジューサー、おすすめの機種は関連ページ

野菜ジュースで癌予防、低速ジューサー、スロージューサーで手作りジュース

低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次