低速ジューサー比較サイト〜あなたにぴったりなのは〜

クビンスホールスロージューサーとクビンスサイレントジューサーの違い

人気のクビンススロージューサーには
2種類のタイプの商品が販売されています。

 

にんじんやりんごなどの素材を
大雑把にざく切り、小ぶりのにんじんならそのままでOK、
細かく切らずに手間なく投入できるのが特徴の、
クビンスホールスロージューサーと

 

 

 

従来タイプの材料を細かくカットしてジュースをつくる
クビンスサイレントジューサーです。

 

 

 

実際に製品の違いを比較してみました

 

 ジュースの材料を切ることについて 

 

クビンスホールスロージューサーは材料の投入口が73ミリあるので
にんじんやりんごは大雑把に切ってだいじょうぶ。

 

全く材料を切らずにジュースができるわけではありません。

 

一方、従来タイプのクビンスサイレントジューサーは
材料をある程度、細かく切る必要があります。

 

クビンスホールスロージューサーのほうが
クビンスサイレントジューサーよりも大きめサイズのカットでもOKよ、
ということです。こんなかんじで投入できます

 

 

ひんぱんにジュースを作るとなると、かなり重要なチェックポイントです
少しくらいの手間だからと思ってもずっと続くわけですから。

 

忙しい朝の時間にジュース作りをするなら
断然、クビンスホールスロージューサーがおすすめです。

 

ジューサーのモーターの馬力が足りないと
大きめの材料をジュースにすることはできないので
パワフルなのはクビンスホールスロージューサーです。

 

 

 本体の重量 

 

クビンスホールスロージューサー7.5キロ、
クビンスサイレントジューサー6.5キロとやはり、重さに差があります。

 

スロージューサーは、あちこち移動させて使うというよりも、
設置場所を決めて置くほうが面倒がありません。

 

使い終わってから洗う部分は取り外せるので問題はないですね。

 

 

付属品

 

クビンスホールスロージューサーの本体セット
(スムージーやシャーベットが作れるタイプ)

 

 

 

クビンスサイレントジューサーの本体セットは

 

 

  ◇

 

機能面でみるとクビンスホールスロージューサーには2タイプあって
ジュースだけ作れるタイプと
スムージーやシャーベットのデザートづくりの部品がついているタイプです。

 

 

 

 栄養の違い

 

材料をまるごと使えたり
細かくカットする必要がない分だけ酸化しにくく、栄養が破壊されにくいです。

 

 

  ◇

 

クビンスホールスロージューサーと
クビンスサイレントジューサーの違いをまとめてみると

 

手早くジュースを作りたい
ジュースの栄養を少しでも壊したくない方は
クビンスホールスロージューサー

 



 

 

材料を切る手間よりも
フローズンヨーグルトやスムージーづくりができて
価格面で安い方を選ぶとすれば
クビンスサイレントジューサーです。

 



 

 

いずれにしましても
ほぼ毎日使うスロージューサーですから
無償保証期間10年付きの、安心できるサイトで購入することをおすすめします。

 

 

 

10年修理保証クビンスサイレントジューサーの詳細はこちら

 

 

 

 

10年修理保証クビンスホールスロージューサーの詳細はこちら

 

 

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次