低速ジューサー比較サイト〜あなたにぴったりなのは〜

低速ジューサーで作ったジュースを飲んで好転反応が起きたら

からだによいと始めた低速ジューサー製のにんじんジュース、
飲み続けていると好転反応が出る場合があります。

 

一時的に吹き出物ができたり、便秘や下痢、
からだがだるくなったり微熱が出たり
体臭が気になるようになったりなどの症状が出ます。

 

 

「にんじんジュースが体に合わないのでは?」と
心配する方もいますが好転反応という、
身体の状態がよい方向に変わり始めた現象であることが多いです。

 

ジュースを飲んで身体の中で不足していた
野菜の栄養や酵素を毎日取るようになって
今までと違う食生活にからだがびっくりしている状態です。

 

私達のからだは食べ物に敏感に反応します。

 

冷たいビールやフローズンデザートを取りすぎれば
消化器官が冷えて腹痛が起こることもあるし

 

食物繊維が足りない食事を続けていれば
便秘になったり肌荒れが起きたりと
からだは危険のサインを出します。

 

 

 

からだによい食べ物で必要であったとしても
にんじんをほとんど食べていない食生活ならば
馴染みのない食べ物が沢山入ってきたよと
からだが変化を知らせてくれるのです。

 

ふだんあまり運動しない人が
突然、運動不足解消のためにランニングを毎日始めたら
脚を始めとしてからだの筋肉がしばらく痛みますね。
そんな感じです。

 

 

新たな環境にからだが慣れようとしている
と考えると納得がいきます。

 

にんじんジュースや低速ジューサー製の野菜ジュースを飲んで
好転反応がおきるということは文字通り
好い方向にからだが転換しているということなのです。

 

つらいかもしれませんが
健康な体を手に入れるため、ちょっとの辛抱です。

 

好転反応が重症なときは
ジュースを飲む量を減らしたり、
何度かに分けて少量ずつ飲む方法がおすすめです。

 

体に必要な野菜を無理なく効率的に取り込める
低速ジューサーでのジュース作りは野菜不足解消の習慣にしたいですね。

 

 

 

>>面倒な野菜カットが不要の低速ジューサーはこちら

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次