冷え性改善に最適なスロージューサー製ジュース

冷え性改善に最適なスロージューサー製ジュース

冷え性だから野菜の摂取はからだを冷やすのでは?
と思っていませんか。

 

 

冷え性改善にはスロージューサー製の野菜ジュース

 

生の野菜やフルーツには酵素が含まれているので
消化するのに時間がかかりません。

 

ほかの食物と比較してみると
フルーツは30分、野菜でも1、2時間で消化しますが
米などの炭水化物では8時間ほど、
肉や魚のたんぱく質だと10時間から24時間もかかります。

 

消化に時間がかからないということは
胃や腸に負担がかからないので
からだの血液が消化器官に集中することがありません。
食べすぎやたんぱく質などをたくさん取るり、消化に時間がかかると
脳や筋肉から血液が動員されて消化が一番優先され、
毛細血管にうまく血が通わなくなり冷えを起こします。

 

消化面から言えば
野菜は冷え性の原因にはならないのです。

 

ただし冷蔵庫から取り出したばかりのつめた〜い野菜でサラダ、
これはいけません。
野菜を常温に戻してよく噛んで食べます。

 

昔から日本人は漬物をよく食べていました。
漬物は生の野菜ですよね。
寒い時期になるとたくあん、白菜漬け、蕪漬けなど
たくさんの種類の漬物が作られ食べられています。

 

生の野菜に酵素や糠などの栄養分が加わり、からだによいことを
ちゃんと昔の人は知っていたのですね。

 

ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜を食べることで
血液の血小板の凝固を抑制し、血液がサラサラになっていきます。
血液がよく流れるようになり、
毛細血管を通してからだ中をうまく循環して
冷え症が改善されていきます。

 

寒くて朝起きるのがつらい時期ですが
まずスロージューサー製の特製野菜ジュースで
生きた酵素を栄養とともにからだに入れてあげましょう。

 

ジュースは特に消化に優れていますから飲む点滴のようなもの(笑)

 

ジュースだけではちょっと心配、物足りないという方は
豆乳やナッツを加えて
お腹の持ちをよくするといいですね。

 

 

 

アーモンドやクルミなどのナッツもOK,バリバリ砕くスロージューサーは
クビンスホールスロージューサです。

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次