低速ジューサー比較サイト〜あなたにぴったりなのは〜

野菜のファイトケミカル、コールドプレスジュースでたっぷり補給

少しずつ季節が移ろうと
からだも徐々に慣れていくのですが

 

いきなり、4度5度も気温が下がったりすると
風邪を引いたり
持病に苦しんだりと体調管理に注意が必要ですね。

 

夏にはきゅうり、レタスやすいかなど
ほてったからだをクールダウンする野菜を食べて暑さをしのいでいましたが
ひんやりした気配を感じたら
身体を温める野菜を意識して食べるようにしたいです。

 

 

その時期に多く出回り、価格が安い旬の野菜には
ファイトケミカルが多く含まれています。

 

太陽の強い紫外線や害虫などから
植物が自らを守るために生成する成分がファイトケミカル、
野菜や果物に含まれています。

 

たとえばファイトケミカルには
ぶどうのポリフェノールやトマトのリコピン、ブルーベリーのアントシアニン、
大豆のイソフラボン、にんにくのアリシン、きのこのβグルカンなど、
聞いたことがあると思います。

 

ファイトケミカルを多く含む今が旬の野菜といえば
にんじん、かぼちゃ、トマト、小松菜など沢山あります。

 

これらの野菜やくだものを低速ジューサーでぎゅっとしぼって
消化の良い形で沢山取りたいですね。

 

ファイトケミカル、人のからだに有効に働く訳ですから
植物に大いに感謝していただかなくてはと思います。

 

 

ハウス栽培の野菜は

 

今では旬の野菜だけでなく
一年中温室で栽培された野菜が店頭に並んでいます。
8月に普通に冬みかんが売られています^^;

 

 

 

太陽の光がビニールにあたり遮られるので
ビニールハウスで作られた野菜果物にはファイトケミカルが少ないです。

 

露地ものと比べるとハウス物は
よくいえば繊細、さらにいうと味が薄く物足りない。
栄養に違いがあるのは至極当然です。

 

季節ごとの露地物野菜をたっぷり摂取して
体調を維持、いちばん理にかなっています。

 

低速ジューサーを使ってジュースにすれば
効率的にファイトケミカルを多く体内に取り込めます。

 

風邪気味かな、身体のコンディションがいまいち・・
こんな時には薬やサプリよりも
新鮮な野菜果物を使って自宅でコールドプレスジュース、
気軽に毎日続けられるのが健康への近道です。

 

 

材料を切る手間が省けるコールドプレスジューサーはこちら

 

  ↓

 

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次