低速ジューサー比較サイト〜あなたにぴったりなのは〜

人参りんごジュースの作り方 【基本】

私がほぼ毎日飲んでいる
人参りんごジュースの作り方をご紹介します。
美味しいことはもちろん大切ですが、栄養を一番大切にしています。

 

 

【 人参りんごジュースの材料 】

 

・人参 大1本 (250グラム前後)
・りんご 小さいものを1こ
・レモン 半分 (入れない場合もあります) 
 ない場合は酢(米酢、リンゴ酢など)で代用できます。

 

低速ジューサー,クビンス低速ジューサー,クビンスサイレントジューサー,TV通販,比較

 

 

【 人参りんごジュースの作り方 】

 

1.最初に材料を洗います

 

にんじんが泥つきの場合は、
泥を洗い落とすときにこすりすぎて皮取らないように注意することです。

 

人参の皮の部分に栄養が豊富に含まれているので。

 

見た目がきれいなにんじんは機械で洗浄されている場合がほとんどです。
機械洗浄で人参の薄い皮は取り除かれているので、泥付きの人参を入手するようにします。

 

りんごは時期によっては
皮の表面がワックスを塗ったように油っぽい状態になっている場合があります。
熟成が進むと起きる現象で、りんごが出す成分で問題ありません。
りんごは農薬散布回数が多い果物です。無農薬か、なるべく散布回数が少ない有機栽培のりんごを購入します。

 

 

2.ジュースを作りやすいようにカットする

 

健康のために毎日ジュースを作るのが目的、長い間使ってきた愛着のある低速ジューサーでしたが、毎回材料を細かくカットするのが面倒で、とうとうジューサーを買い換えました。

 

このように野菜を小さくカットしてから
しぼる必要があったのですが
(ほとんどのスロージューサーは小さくカットする必要があります)

 

低速ジューサー,クビンス低速ジューサー,クビンスサイレントジューサー,TV通販,比較 低速ジューサー,クビンス低速ジューサー,クビンスサイレントジューサー,TV通販,比較

 

新しく買い換えたクビンスホールスロージューサーは
りんごは四つ切り、大きいにんじんは半分に縦と横に切るだけで簡単です。

 

材料をジューサーの中に押し込む押し棒は
ほとんど使わなくてもすいすいジュースが搾れます。

 

クビンスホールスロージューサーは
私にはぴったりの低速ジューサーでした。

 

・細かくカットする必要がないから時間短縮できる。
・栄養的にも素材をカットするのが最小限なので酸化しない。
・モーターがとにかくパワフル、力強くぐいぐいジュースを搾ります。

材料が途中で詰まって取り出すことはほとんどありません。

 

 

 

毎日のジュース作りですから

面倒で続けられないならどんなに高性能なジューサーでも意味ありませんよね。

 

 

>>短時間でたっぷり搾れるクビンスホールスロージューサー

 

 

5.作ったジュースは時間を置かずに飲む

 

できあがったジュースを放置すると
ジュースが酸化して栄養、味ともに変質していきます。

 

低速ジューサー、スロージューサーで作ったジュースは飲むときに作るのが原則です。
特に病気克服のためにジュースを飲む方はその都度搾りましょう。

 

だからといって市販のジュースを買うよりは
スロージューサーでジュースを作っておいて冷蔵庫に入れておいて
飲むほうがずっと、ずっとよいですよ!


2017年新型クビンスジューサーで朝、ジュースを作り
冷蔵庫に入れておいたジュースを飲んでみたら

味も香りもほとんどかわりませんでした、びっくり!
最近ではお風呂上がりにストックしてたジュースを飲んでます♪

 

ジュースを作るときに注意しなければいけないことに
冷たすぎるジュースを作らないこと、があります。

 

冷蔵庫から取り出したばかりの材料でジュースを作ると
出来上がったジュースが冷たすぎてお腹が痛くなったり消化不良になることも。
胃腸が弱い方やお年寄り、小さなお子さんには注意が必要です。

 

材料を冷やさないで作るか、ジュースを飲むときに一気に飲まずに
少しずつ口に含んでゆくりと飲みます。
 
 
  ◇

 

人参ジュースにレモンを入れることについて

 

人参に含まれているアスコルビン酸という成分がビタミンCを壊すので
クエン酸豊富なレモンを加えるとその現象を抑えることができると
一般的には言われていますが・・

 

 

実験結果に諸説あって、確定的な話ではないようです。

 

 

レモンはビタミンC、クエン酸が豊富なのでジュースにして困ることはありませんね(^^)

 

ですから私はレモンがあるときには入れます。
レモンのほかに、かぼすやシークワーサーでもよいでしょうし、
果物が無かった場合は、酢を少々入れてもいいですね。
粉末状のクエン酸ならストックができますから常備しておくと便利です。

 

 

スロージューサーでのジュースの搾汁率(出来上がり量)について

 

 

同じ材料であれば
なるべくたくさんジュースができるとコスト的にはうれしいですね、毎日のことですから。

 

スロージューサーの機種によっても変わりますし、
にんじんやりんごの種類、状態によっても出来上がり量に違いが出てきます。

 

旬の新鮮な人参やりんごであれば、たくさんジュースができます。

 

私が以前使用していたジューサーは横型タイプのものです。
にんじん1本とりんご1この正味の総重量が385グラムです。

 

 

低速ジューサー,クビンス低速ジューサー,クビンスサイレントジューサー,TV通販,比較

 

 

できあがったジュースは220ccほどで、大きなコップ1杯分です。

 

低速ジューサー,クビンス低速ジューサー,クビンスサイレントジューサー,TV通販,比較

 

どれくらいの量、ジュースができるのかは重要ですが

 

素材の状態によって左右される部分が大きいので
正確に搾汁率をはかるのは難しいのではと思ったりして。

 

低速ジューサーでつくるジュースは
今までの高速ジューサーと比較するとより多くジュースができると定評があります。
最高で2倍ほどの違いがあるとも言われています。

 

 

今まで使っていた横型タイプのものはパワーが足りない、詰まりやすいので
モーターがパワフルなものの機種
材料が途中で詰まったりする頻度が少なく快適に使えます。

 

特に小松菜やほうれん草などの
水分が少ない葉物を搾る時は詰まりやすいので青汁ジュースを作りたいと
思っている方にはパワフルなジューサーがおすすめです。

できあがった人参りんごジュースの味について

 

りんごを入れることで人参ジュースが格段に飲みやすくなります。
人参がきらいなお子さんでも問題なく飲めるくらいです。

 

 

フルーティーで酸味と甘みがあって、少しトロリとしていて、
野菜臭さがありません。

 

 

今回は、酸味が強いタイプの紅玉りんごを使いましたが
りんごの種類によっては、もっと甘みが増すかも、と思いました。

 

 

農薬が心配な市販の野菜を利用する場合

 

市販のにんじんやりんごしか手に入らないという時は、野菜の農薬を落とす方法があります。

 

 

・材料をよく水で洗う。

 

・重曹を少量を入れた水の中で野菜をよく洗う

 

・塩とレモンを入れた水の中でよく洗う

 

 

ホタテの貝殻粉末を利用した市販されている、つけおき野菜洗浄剤も便利です。
基本はジュースの材料をよく水洗いすることです。

 

  ◇

 

失われる栄養が少ない上に、生きている酵素を取り込むことができる低速ジューサー製のにんじんジュースで風邪知らず、体質改善に効果があると実感している日々です。
かつて飲んでいたサプリメントは全部やめてしまいました(笑)

 

私がおすすめする低速ジューサーはこちら

 

 ↓

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次