旬の春キャベツとフルーツ、コールドプレスジュースで花粉症対策

低速ジューサーがキッチンにあると
いつでも旬の野菜でジュースを作れますね。

 

その季節にとれたものは、たくさん出回っているので
美味しいだけでなく、価格も安いし
今の時期に私達が必要とする栄養やミネラルがぎっしり含まれています。

 

 

春キャベツや大根、レタス、ブロッコリー、
菜の花、にんじんやえんどう豆、そら豆など
沢山の種類がありますが

 

 

今回は春キャベツをメインにしたジュースを作ります。

 

 

春キャベツの特徴

葉の巻きがふんわりしていて、詰まっていません。
黄緑色も濃いめで水分が多くて甘みがしっかりあるので
ジュースにはぴったりです。

 

冬キャベツと比較すると

 

ビタミンCが1.3倍、カロテンが3倍ほど多く
ビタミンUもたっぷり含まれているので
春にはぴったりの食材です。

 

とくに花粉症に悩まされている方に
毎日飲んでいただきたい春キャベツミックスジュースです。

 

荒れたお肌を艶肌にして血管を丈夫にするビタミンC

 

カロテンは鼻や喉の粘膜を強化

 

ビタミンUはダメージを受けたからだの細胞を修復する働き

 

 

材料をゆっくりと押しつぶして
ジュースを作る低速ジューサーなのでビタミンCも破わされずに

 

すべての栄養が体内に入ってすぐに
吸収されてからだに有効に作用します。

 

低速ジューサー製のジュースは
野菜を生でそのまま食べるよりも
ずっと効率がよくて現代人にはピッタリです。

 

春キャベツだけではちょっと飲みにくいので
りんごと甘夏みかんを加えて作ります。

 

【材料】2人分
 

 

・春キャベツ 小さめのものを4分の1ほど
・甘夏みかん 2分の1
・りんご   2分の1

 

【作り方】

 

・キャベツ、りんごをしぼりやすい大きさに切ります。

 

・甘夏みかんは外皮をむき、
適当な大きさに切って種を取ります。

 

甘夏みかんの白い部分の皮には
無数に体の中を駆け巡っている毛細血管を強くする
ビタミンPが含まれています。

 

みかんの栄養についてはこちらで説明しています

 

皮をむかないと少し苦味が出ますが
りんごを入れると甘みが強くなるので
それほど気になりません。

 

 

 

さて出来上がったジュースは
春らしい、きれいな黄緑色です♪

 

 

 

春キャベツのミックスジュースを飲んだ感想は

 

意外とキャベツの野菜っぽい感じは目立たず
少しの苦味、強い甘みと酸味がきいている
くせのない飲みやすいジュースです。

 

1杯飲むと満腹感がとってもあります。
30分くらいすると
体温が上昇してきているのがわかります。

 

・・いつ飲む?・・

 

疲れ気味のとき、お風呂あがりにも飲みたいジュースです。
りんごをもう少し多くすると
フルーツジュースみたいになりそう。

 

 

栄養の吸収率が食べるよりも
3.8倍も優れているのがクビンスホールスロージューサー

 

野菜を細かく切らずに使えるのは
手間を省けるだけでなく
栄養や酵素を破壊しにくいのでイチオシです。

 

詳細はこちら↓

 



 

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次