ヒューロムとジュースプレッソの比較

ヒューロムスロージューサーH2Hとジュースプレッソを比較

ヒューロムスロージューサーH2Hと
ヘルシオジュースプレッソEJ-CF10A-Rの特徴を比較してみます。

 

低速ジューサー ヒューロムスロージューサーH2H ヘルシオジュースプレッソEJ-CF10A-R
 型番、色

フェラーリレッド(H2H-RBA11)
ホワイト(H2H-WWA11)

EJ-CF10A-R (レッド系)
EJ-CF10A-D (オレンジ系)
EJ-CF10A-G (グリーン系)

 機能 ジュース&スムージー

 

ジュース&フローズン

 消費電力 150W 100W
 回転数/分 43-48回転 32回転
 サイズと重さ

167(幅)x240(奥行き)x398(高さ)
6.2kg

150(幅)x177(奥行き)x425(高さ)
4.7kg

 付属品

掃除ブラシ、ジュースカップ、搾りかすカップ、豆腐用型、押し板

 

ジュースカップ、フローズン用アタッチメント、掃除用ブラシ、メニュー集

 

 保証期間

メーカー保証1年
(ピカイチ野菜くん保証5年)

メーカー保証
 価格 特典

39,744円
野菜セット、レシピ本、DVD、サーモスタンブラー、シトラススクイーザー

28,490円〜
特典なし

 製造国 韓国 韓国

*ヒューロムスロージューサーH2Hの販売店はピカイチ野菜くんです。
販売店により、特典や保証期間は変わってきます。

 

 

ヒューロムスロージューサーとヘルシオジュースプレッソを比較して

 

ヒューロムスロージューサーH2Hと比較すると
ヘルシオジュースプレッソは消費電力や重量に大きな違いがあり、

 

サイズ大きさを比較しても、それほど違いがないので重さはモーター重量の違い。

 

低速ジューサーの要は素材を搾る機能です。
充分にしぼり切るとより多くジュースができるわけでそれは
モーターとスクリューの性能で決まります。

 

かたいにんじんやごぼうなどを押しつぶしてジュースにするのは、
モーターにパワフルさが要求されます。

 

次にスクリューを見比べてみます。

 

ヒューロムとジュースプレッソ、スクリューの形状と説明

ヒューロムスロージューサーH2H

 

 

二枚刃になることでジュースを多く、しっかり搾れるのがセールスポイントです。

 

ジュースストレーナーとフルーツストレーナー

 

ヘルシオジュースプレッソ

 

パーツの数が少ないので、お手入れの時間が短縮でき、本体へのセットもラクラク。
また、メッシュ部分のフィルターは取り外すことができ、
編目に詰まった果肉などもさらにラクにお手入れできるようになりました。
(メーカーサイトより引用)

 

 

ヒューロムスロージューサーとヘルシオジュースプレッソどっちにするのか

 

価格差で10,000円ほどありますが、
おすすめはヒューロムスロージューサーH2Hです。

 

スクリューの形状とモーターの馬力を評価します。

 

ひんぱんにジュースを搾るなら万が一の時も無償保証が5年ついていますし、
部品もストックされています。
使い方DVDがついているので、低速ジューサーをしっかり使いこなすことができます。

 

低速ジューサー販売の老舗、ピカイチ野菜くんはトラブルなどの時
電話サポートが充実していますから安心できます。

 

楽天ポイント10倍つきなので実質1割安く購入できます。
役に立つ特典も多く、ジューサーが届いてからすぐにジュースが作れる
無農薬野菜つきというのも魅力。

 

グレープフルーツなどが搾れるシトラススクイーザー、便利そうですね(^o^)

 

   ▽

 

 

 


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次