低速ジューサー比較サイト〜あなたにぴったりなのは〜

 

目的別で選ぶ賢いスロージューサー選び

 

栄養や酵素を破壊せずにじっくり搾り出す低速ジューサー、スロージューサーは
使い方や使う目的を意識して製品選びをすると毎日、快適に使えます。

 

 
>>家庭用の機種選びはこちらから
 

 

>>業務用スロージューサーの機種選びはこちらから

 

 

 

低速ジューサーの新製品について(2018年現在)

 

低速ジューサーは新製品が発売されると
デザインや使い勝手が改善されたり、新しい機能が加わり
性能が上がっていますから古い機種は避けたいものです。

 

旧モデルで安いからという理由で
低速ジューサーを購入すると
ジュースをしぼった後のカスがやたら多かったり、
カスに果汁を多く含んでいてジュースが少ししか搾れない、
後片付けに手間がかかって面倒くさい、
なんてことになりかねません。

 

低速ジューサーで家庭用向け、高性能で人気が高くよく売れているのは
ヒューロムスロージューサーと
クビンスホールスロージューサーです。

 

2018年2月現在、
ヒューロムスロージューサーの最新機種はこちら↓

 

最新モデル!ヒューロムスロージューサー H-AA 

 

 

クビンスホールスロージューサーの最新機種はこちら↓

 

クビンス ホールスロージューサー JSG-721

 

 

ほかにもパナソニックやシャープ、テスコムやゼンケンなどから
低速ジューサーは発売されています。

 

価格帯がヒューロムスロージューサー、クビンスホールスロージューサーと
比較すると1万円以上低価格で販売されています。

 

購入する場合は性能面でどのように違うのか、見極めることが大切です。
炊飯器のようにほとんど毎日使用するジューサーですから
慎重に選ぶ必要があります。

 

2年か3年おきに新製品が登場する低速ジューサー。
前機種よりたくさんジュースが搾れる
ずっと使い続けて新タイプが発売されたら新たに購入する
お客様が多いのは低速ジューサー製ジュースの効果を
実感されているに違いありません。
私もそのうちの1人です(笑)

 

 

低速ジューサーとは

 

低速ジューサーとは
ジュースをゆっくりしたスピードで搾るジューサーで
スロージューサー、低速回転ジューサー、
コールドプレスジューサーなどとも呼ばれます。

 

低速ジューサーが登場する前の従来のジューサーは
モーターを高速回転させてジュースを作るしくみでした。

 

それに対し、低速ジューサーは石臼式圧搾で
1分間に80〜43回転という、
とてもゆっくりしたスピードでジュースを搾ります。

 

モーターの回転がゆっくりなので
ジュース材料の成分で熱に弱いビタミンCや生きた酵素などが
壊されずにそのままジュースとして摂取できます。

 

ジュースそのものの味にも大きな違いがあります。
くだものをそのままぎゅっと濃縮して食べているような
自然な味なのです。

 

ジュースがフルーツ香いっぱいなことも特徴です。
果汁100%の缶ジュースとは全く違う癒される香りが楽しめます。

 

私は毎日にんじんジュース飲んでいますが
とにかくすごく甘いんです、
食べてもそれほど甘さを感じないのに不思議に思います。

 

低速ジューサーと今までの高速回転タイプと違うところは
まだあります。

 

ジュースをしぼって作る部分のカッターが
刃物ではなく、手を切る心配がなく安全であるという点です。
またジューサーの部品数が少ないので後片付けが簡単にすみます。

 

モーター音が静かなので
夜遅くや小さなお子さんが寝ていても音を気にせずに使えます。

 

便利で美味しいジュースができるのは
大きな魅力なのですがやはり価格が少々高めである点も
今までのジューサーとの違いです。

 

低速ジューサーの登場で
ジュースショップで注文すると高価なコールドプレスジュースが
自宅で作って気軽に飲めるようになりました。
健康志向の方にぴったりなジューサーです。

 

低速ジューサーの価格について

 

低速ジューサーの価格は従来のジューサーより確かに高額です。

 

人気が高いヒューロム社の普及タイプ、
ヒューロムスロージューサー H-AAは税込 31,600 円
(野菜セットなしの価格設定が安いタイプ)

 

クビンス社の人気ジューサー、
クビンスホールスロージューサーJSG-721は税込42,984円です。

 

楽天ショップで比較してみると両製品とも各ショップ、
価格はほぼ同じです。
違いはもらえる楽天ポイントの点数に差があります。

 

低速ジューサー専門ショップで購入すると安い場合もあります。

 

ヒューロムスロージューサーを中心に
低速ジューサーを販売しているショップ「ピカイチ野菜くん」は
値下げして販売する時期があります。

 

現在(2018/02/08)も2月いっぱいは5,184円OFFで購入できます。

 

 

クビンスホールスロージューサーの人気販売ショップは
キレイSHOPです。
無償修理保証10年付きという、
他店にない手厚いサポートが人気です。

 

 

クビンスホールスロージューサーを販売するショップ、
生搾りジュース専門店ベジピアでは無償修理保証期間3年で
価格はキレイSHOPと同じ、
レビュー投稿でJCBギフトカード4,000円プレゼントキャンペーンを
展開しています。

 

今だけ限定!クビンスホールスロージューサー2017年最新モデルが実質36,984円(税込)

 

 

 

低速ジューサーを安く購入できるのは確かに魅力なのですが
通常のメーカー保証は1年です。
モーターなどのトラブルが発生しやすいのは
使い続けて、ある程度の年月が経ってからです。

 

安い買い物ではないので保証期間が長く
正規価格で定評のある
低速ジューサーの専門ショップで購入するのが安心です。

 

低速ジューサーでどんな効果があるの?

私は低速ジューサーを使い続けて3台め、5年ほどがたちます。
ほぼ毎日のように、おもに人参ジュースを中心に毎朝作って
朝食代わりに飲んでいます。

 

一番大きな変化は便秘解消の効果です。
家族3人全てが同じです、便秘と無縁になったこと。

 

便秘しなくなるとお肌の調子がよくなり、
しみがだんだんと薄くなってほとんど目立たなくなります。
人参に多く含まれるβカロテンのおかげでしょうね。
血色がよくなり小じわが減ってお化粧ノリがよくなりました。

 

腸の活動が活発になるせいか
ひんぱんに起きていた腹痛と無縁になりました。
腸の改善効果が一番うれしく思います。
免疫力をコントロールする器官が腸ですからね。

 

以前は冷え性で、冬になるといつも指先が冷たくて
辛い思いをしていましたが、だいぶ軽くなりました。

 

夫は中年太りでぽっこりとお腹が出ていたのですが
朝食抜きのにんじんジュースでだいぶ引っ込んできました。
まだビールの飲み過ぎで、
すっきりスリムというわけにはいきませんが。
野菜が不足していた時は加齢臭がありましたが
ジュースを飲むようになってからはニオイません。

 

20代の息子は肉付きの野菜嫌いです。
どんなにからだによいからと食べさせようとしても
嫌いな野菜が多すぎて長年食べさせることに苦労していました。
今は野菜不足解消に毎日ジュースを飲んでいます。
なんといっても1杯のジュースを飲み干すだけですから
野菜を大量に食べることに比べたら楽なものです。
きめが荒かった顔がきめ細かく整ってきたり、
風邪をひきにくくなったりと自分でも効果を実感しているようです。
毎朝必ず自分からジュースを飲み続けているのです。

 

ジュースを飲み始める前は健康のために
サプリを飲むことが多かったのですが
今では必要なくなって全く買っていません。

 

低速ジューサー製のジュースは経済的な効果もありますね。

 

野菜や果物を搾って飲むだけですから
副作用の心配がなく安心できますね。

 

野菜不足を食べて補うことは、なかなかできません。
ジュースは手軽ですし栄養価も高いから続けられるのだと思っています。

 

低速ジューサーの口コミまとめ

低速ジューサーを実際に使っている人の
口コミをまとめてみます。

 

・お子さんが喜んで飲む
野菜嫌いの子どもさんがジュースなら自分からちょうだいとおねだり。
パイナップルやりんご、オレンジなどを混ぜると甘くて美味しく
にんじんやキャベツジュースでも平気。

 

・思っている以上に野菜が摂取できる
ジュースにするとたくさんの野菜をとれます。
野菜が足りないと心配する必要がなくなって気持ち的に楽になった。

 

・低速でもすぐにジュースができる
ゆっくり搾るからできるのが遅いのではと心配していましたが
高速ジューサーより早くできる。忙しい時間でも作ろうという気になる。

 

・手入れのしやすさについて
楽という方と、そんなでもないという方がいらっしゃいます。
メッシュに入り込んだカスを取り除く手間は少しかかります。
部品が少なく汚れが落ちやすく、お掃除しやすいという意見もあります。

 

・お肌にはフレッシュジュースがいちばん
にんじんとりんごのジュースを飲み続けていると
高い化粧品を使うより、にきびに効果があった。

 

・詰まると面倒
野菜を入れすぎたせいか
ふたが回らなくなって取り外せなくなった。
逆回転ボタンを押しながらふたを回してようやくとれた。

 

・搾りかすの処理
ジュースを作った後の搾りかすをぜんぶ料理に使おうとすると
家族から反発をくらった。
いつもの料理がかすを入れすぎるとおいしくなくなる。
もったいなくてもぜんぶ使いこなすのは無理。

 

・高齢の家族に
年老いてなかなか飲み込めずに食事がうまくできない祖父が
野菜ジュースを喜んで飲む。便の具合が良好に、顔の血色がよくなった。

 

・コクがあって美味しい
100%の缶ジュースを飲んでいたが
効果を感じられなくて低速ジューサーで作るようになった。
作ってみると缶ジュースは味が薄いことがよくわかった。

 

・重いがデザインがスタイリッシュ
動かそうとするとずっしり重い。デザイン見た目がよいので片付けずに
カウンターの隅に置きっぱなしにしている。

 

 ◇

 

ジュースの美味しさは評価する口コミが多く見られます。
葉物野菜中心のジュースを作ると味の賛否は別れるようです。
飲みにくい、苦すぎると感じた時は
入れる材料を甘さが強いフルーツを多めにするなど工夫する必要があります。

 

後片付けは楽という方と面倒だと思われる方に分かれます。
3台使っている私は、新製品はずいぶんと楽になったなという実感です。
だんだん改良が進んで、もっと楽な製品が登場することを期待します。

 

低速ジューサー、人気のいずれの機種も重いのが特徴ですね。
モーターがしっかりしているからしょうがない部分でしょうが
もう少し軽くなるといいですね。
お年寄りやお子さんが使いやすくなるように。

 

低速ジューサーを比較、 健康重視の面から

低速ジューサーをミキサーと比較した結果、
健康重視で購入する方が多くいらっしゃいます。

 

低速ジューサーの特徴のひとつに
カスをより分けてさらっとしたジュースを作る点があります。

 

できあがるジュースはじっくりと石臼式で
野菜やくだものを搾りますから
栄養が高速式のジューサーやミキサーを使用すると
熱で破壊される酵素やビタミンCなどを取れるという
大きなメリットがあります。
栄養が豊富に含まれているジュースができます。

 

またミキサーでは水などの水分を加えて
スイッチオンするわけですから成分が薄くなります。

 

食物繊維がたくさん含まれていて
低速ジューサー製のジュースと比較すると
体内で消化するのに時間がかかります。
消化器系が弱い方や体力が衰えている、病人の方にとっては
繊維が細かいとはいえ、
消化器官に負担がかかることは確かです。

 

低速ジューサーで作ったジュースは
カスは取り除きますから消化が15分程度と短く
すぐに体内で栄養源になります。
水溶性食物繊維はジュースの中に含まれていますし、
不溶性の食物繊維は食事で補ったりカスを料理に使えば
効率的です。

 

簡単な方法は
じゃがいもやキャベツ、玉ねぎなどの野菜を一緒に煮込んで
ミキサーにかけるだけ、
カスをポタージュスープにするといいですよ。

 

アイディア次第でカスも立派な料理になりますから。
とくににんじんのカス、卵焼きをつくる時に
最初に少し油で炒めてから混ぜると
彩りきれいな一品になります。

 

ジュースとカスで家族全員の健康を守れる
低速ジューサーは優れた電気製品です。

 

低速ジューサーのおすすめ製品は

低速ジューサーの機種の中では
材料を切る手間が大幅に省ける
クビンスホールスロージューサーがおすすめです。

 

ジュース作りで面倒だなあ
と思う最初の部分が材料を細かく切り刻むこと。

 

朝など特に忙しい時間にジュースをつくるときに
少しでも短縮して作れることができるとジュース作りが長続きします。

 

特ににんじんジュースを主に作る場合は
にんじんそのものが硬いので切る作業に手間がかかります。
クビンスホールスロージューサーならば
小さなにんじんはそのまま投入口からサクッと入りますし、
太い大きなにんじんも、縦に4等分すれば楽勝です。

 

モーターにパワーがあるから
目詰まりすることも少なく(連続して大量の材料をいれなければ)
快適に短時間でジュース作りができます。

 

後片付けも楽です。
細かな部品がほとんどないので、手早く洗うことができます。

 

低速ジューサーでのジュース作りは使い勝手が大切です。
最初は多少手間でもものめずらしさで作れるのですが
いざひんぱんにジュースを作る生活になると
「おいしいんだけれど、面倒なのよね」となりがちです。

 

小松菜やケールなどの葉物野菜をジュースにする場合も
パワフルなクビンスホールスロージューサーはおすすめなのです。
硬い繊維からジュースを搾り出し、
詰まらせないで快適に作れると気分がとってもいいです。


低速ジューサー ランキング ヒューロムとクビンスを比較 人参りんごジュースの作り方 サイトマップ目次